Sorry, your browser is not supported.

Please upgrade to the latest version or switch your browser to use this site.

See browsehappy.com for options.

アプリをインストール
メイン
/
ブログ
/
テーブルゲーム
/
CBSGコンソーシアムがブロックチェーンのための商用ユースケースを構築する予定

CBSGコンソーシアムがブロックチェーンのための商用ユースケースを構築する予定

CBSGコンソーシアムがブロックチェーンのための商用ユースケースを構築する予定

Carrier Blockchain Study Group Consortium(CBSGコンソーシアム)は、ブロックチェーン決済のための商用ユースケース(商用ユースケース)を構築する計画を発表しました。 CBSGの中心メンバーであるTBCASoftの1人によると、立ち上げは2020年初頭に予定されています。

CBSGの共同代表者であり、TBCASoft創設者であるLin Wu氏は、「私たちは、このユースケースが2020年に利用可能になることを楽しみにしています」と述べています。

CBSG

CBSGは、ブロックチェーンを活用したモバイルウォレットを作成しています。その主な目標は、通信キャリア間のクロス決済システムを構築することです。CBSGのメンバーであるSoftbank(ソフトバンク)は、昨年1月に台湾と日本で既にフィールドテストを実施しました。テストは、台湾のFar EasTone(ファーイーストン)と協同して行われました。

ファーイーストンのCFOであるShaman Lee氏は、「私たちは、2020年初頭に強力な商用ユースケースの立ち上げを構築・検証することを強く望んでいます」と述べています。

さらに、ソフトバンクの執行役員である野崎大地氏は、「クロスボーダー機能を持つモバイルウォレットサービスによって、自社のソリューションを差別化する絶好の機会」があると考えています。

2017年9月に設立されたCBSGは、急速に成長を続けています。CBSGの目標は、安全なデジタル決済を提供することです。そのメンバーには、TBCASoft, Inc.、SoftBank、およびFar EasToneが含まれています。

TBCASoftは米国を拠点としており、顧客が自身の加入者のために安全な環境をつくれるようにする企業です。優れた提案を行うことにより、通信事業者としてのさらなる確立を支援しています。

一方、ソフトバンクは固定電話通信を提供しています。日本を拠点としています。そのビジョンは、「世界中の人々から最も必要とされる企業グループ」になることです。彼らはこのことを念頭に置いて、成長を追求しています。

FarEasToneは、電気通信に関して台湾を代表する企業の1つです。1997年に設立され、「Fit、Transform、Grow(適合、転換、成長)」のスローガンで名声を築き続けています。また、同国初の通信事業者としての地位を誇っています。そのビジョンは「FET Connects and Enriches Life(FETは生活を繋ぎ豊かにする)」です。


日本でもっとも注目されている暗号通貨とカジノのニュースサイト1つで読みましょう!