Sorry, your browser is not supported.

Please upgrade to the latest version or switch your browser to use this site.

See browsehappy.com for options.

アプリをインストール
メイン
/
ブログ
/
テーブルゲーム
/
ダイコー、ビットゲートの株式を58.1%保有

ダイコー、ビットゲートの株式を58.1%保有

ダイコー、ビットゲートの株式を58.1%保有

国内最大の金融・証券会社が仮想通貨に参入するなか、オンラインサービス事業者のダイコー・ホールディングス・グループ(Daiko Holdings Group Co., Ltd.)は、仮想通貨取引所 「ビットゲート」 への大規模投資により、その数を増やしている。

ビットゲートが発表した声明によると、運営会社のSNCグループはビットゲート会社をダイコーに譲渡した。SNCはビットゲートの株式100%のうち58.1%を売却し、残り41.9%の株式を保有している。

ダイコ

ダイコーがビットゲートの株式を保有することで、ダイコー・ホールディングス・グループの正式な子会社となった。また、株主総会の決議により選任された取締役は3名である。2人はダイコーの上級役員で、残りはSNCのCEOである。

メンバーが次のとおりである。

  • 取締役神永大 (ダイコー・ホールディングス・グループ常務取締役)
  • 取締役伊藤彰男 (ダイコー・ホールディングス・グループ取締役)
  • 取締役加藤大雄 (SNCグループ代表取締役)

Bitgateは、BTC取引のみで運営されている。また、日本の金融規制当局である金融庁(FSA)から認可を受けた最初の暗号取引所の一つでもある。これは、2017年4月に施行された改正資金決済法及び改正支払サービス法に基づくものである。

ビットゲートの主要な利害関係者であるダイコーも、この新しい改善された法律の恩恵を受けて前進する日本の金融サービスの数の増加に加わった最新の企業である。仮想通貨を採用するにあたっては、サービス提供者ごとに様々な方法がとられている。

SBIグループや楽天などの大企業は、それぞれ独自の暗号交換プラットフォームVCTRADEとRakuten Walletをローンチした。SBIはまた、ブロックチェーンのスタートアップRippleとのジョイントベンチャー、SBI Ripple Asiaを持っている。

一方、オンライン証券会社のMonex Groupは、Coincheckのような小規模なライセンス保有取引所の買収を選択した。これは、金融庁から免許を取得するプロセスが、かなり困難かつ複雑であるためである。

暗号業界に参入するためのもう1つの方法は、前述の方法を組み合わせたものだ。Fiscoがこのアプローチを採用した企業の例の一つである。同社はZaifを買収する前に、すでに独自の暗号取引プラットフォームを立ち上げており、2つの取引所の統合を目指している。

以下の動きは、ますます多くの日本の金融および証券サービスプロバイダーがサービスに暗号通貨を統合し続けていることから、日本での暗号化の導入が前年と比べて改善していることを示している。


ここから、たくさんのゲームをプレイして快感を得ましょう!
何を待っているのですか?登録したら、ゲームの世界を征服しましょう