ライブカジノアイオーカジノブログ

テーブルゲーム

エポック・パートナーズ社が日本で初めて発表したIPO仮想通貨

カテゴリー
エポック・パートナーズ社が日本で初めて発表したIPO仮想通貨

エポック・パートナーズ社が日本で初めて発表したIPO仮想通貨

Tue Dec 22 2020 02:00:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

エポック・パートナーズ・リミテッド(Epoch Partners Limited)は、日本で初の暗号株式公開(IPO)を開始し、契約数は合計1,000億円になることを発表した。


ケイマン諸島に本社を置く同社は、暗号化通信とデジタルファンドを基盤としたIPOを提供しており、日本で初めて暗号通貨を発行する予定です。


このような動きは、仮想通貨の利上げがペースを上げ始め、技術がデジタル通貨を非常に有用かつ実用的にするような種類の能力に追いつくようになったことが大きな原因と言われています。


また、EDINETと呼ばれる日本の金融サービスの開示システムに完全に登録されており、9月末に確定したことを発表しました。

日本と世界

すでに約9億ドルに相当するファンドへの投資することが可能であり、その目的はデジタル通貨購入の申し込み数を安定させ、国内および世界中の仮想通貨プラットフォームにさらに投資を継続し、それには仮想通貨を利用したゲームやオンラインカジノも含まれます。


これと同様に、エポック・パートナーズ・リミテッドは、IPOから調達したものをより多くのデジタル通貨に投資することを目指しており、さらに巨額の投資を仮想通貨マーケットに追求しています。


彼らの要望の一部は、多くの人がまだ仮想通貨マーケットを維持していないことによって脅かされている弱気のトレーダーのために十分に問題分析したものを文書化し安定した魅力的な投資を実現することです。それによって仮想通貨の劇的な変動を減らすことで一度に何ヶ月も置くトレーダーが増えると予想しているのです。


多くの新興市場は同様の問題を抱えており、投資プラットフォームをはじめとする初期のコイン・オファリング(ICO)の存在で、大きな投資、多くの仮想通貨を取引できることを可能にし主要なマーケットプレイヤーたちに安定性を提供、発揮することが期待されています。


このファンドは、東京に拠点を置くTeneo Partnersという会社によって販売されます。彼らはすでに有価証券一覧表に存在する他の有価証券とともに、ファンド自体を顧客に売却する証券会社です。


エポックの共同経営者の1人であるJames Skinner氏は、「日本は仮想通貨とデジタル通貨の分野でリーダーである」と語りました。また、彼はこの国が「仮想通貨のための適切な規制枠組みを作成する最初のマーケット」であることから、この分野における「世界のパイオニア」と見ることができると述べた。


Skinner氏は、「日本は仮想通貨投資基金の世界初の公開を非常に熱心に取り組んでいる」と述べ、「資産クラス規模はまだ小さいが、ゴールドマン・サックスと野村などのより制度的なプレイヤーへの動きはこの地域の大きな可能性を示しています。


Skinner氏は、「将来的には、デジタル資産は、株式や固定商品の収益に擬似し、有価証券の統合部分になる可能性が高い」と考えている。

エポック・パートナーズ・リミテッドからの今回の動きは、今年の日本の仮想通貨を中心に起こっている一連の動きの一つに過ぎない。



最新のカジノアップデートを入手するLivecasinoニュースここで! 
登録するのに待つ必要はありません。10秒でサインアップは完了します!

エポック・パートナーズ社が日本で初めて発表したIPO仮想通貨