ライブカジノアイオーカジノブログ

バカラ

日本のパチンコとは何か?

日本のパチンコとは何か?

日本のパチンコとは何か?

Thu Oct 22 2020 01:07:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

日本以外では知られていませんが、パチンコは日本人にとって非常に人気のある娯楽です。パチンコは、ゲームセンターであってカジノでもあり、またピンボール台であってスロット台でもあると言い表されます。その全てからそれぞれの要素を取り込み、豊かな文化的ルーツを持つ独自の日本のゲームに形を変えているのです。

パチンコは、外国人、主に朝鮮人の労働者を差別から守り仕事を提供するため、20世紀初頭に作られました。現在、パチンコには、さまざまな職業や地位の人々で構成されたプレイヤーの基盤があります。日本人の少なくとも11人に1人が、毎週パチンコ店でプレイしています。しかしながら、パチンコは広く受け入れられている一方で、それが作られたときの社会的環境と条件のために、社会的なレッテルがいまだ残っています。

日本のパチンコ史の概要

パチンコは、1920年代に始まりました。これは、バガテルピンボールが日本に到来した時期でした。当時パチンコは、鋼製のボールが発する音のために「パチパチ」として知られていました。第二次世界大戦の終戦まで、パチンコは大きく広まりませんでした。

第二次世界大戦後、在日朝鮮人の中には差別のため、職を得られない人が多くいました。伝統的な労働力に就くのは困難であり、彼らは他の働き方を見つけなければなりませんでした。

そうして、最初のパチンコ店が作られました。パチンコ店は通常、賞品の現金への換金を受け持ったヤクザによってコントロールされていました。

現代の日本では、競馬と自動車レースの賭けを除き、ほとんどの形式のギャンブルは依然として違法と見なされています。しかし、法制度に抜け穴があるため、パチンコは存在し続けています。

この抜け穴には、賞品の現金への交換が含まれます。パチンコ店が換金を行うことは違法であるため、パチンコ店に賞金はありません。代わりとなる賞品は、財布やノートなどです。これらの賞品を溜め込まないよう、パチンコ店とは別の場所に、指定された換金所があります。換金所のカウンターでは、賞品を中に入れ、現金で対価を受け取ることができます。


パチンコ店で期待できること

日本のパチンコは、日本中のパチンコ店でプレイできます。巨大なネオンサインと明るい光のため、簡単に見分けがつきます。

パチンコ店の店内は非常に多くのパチンコ台が最大容量で編成されているため、簡単に分かります。こうした理由で、店内の通路は狭く、騒音は耳障りです。

現在、日本には12万5000店以上のパチンコ店があります。それらのすべてではないにしても、ほとんどは在日朝鮮人の労働者によって運営されています。その人気にもかかわらず、パチンコにはまだレッテルがつきまとい、日本人はこのようなパチンコ店で働くことを拒否します。

実は、パチンコは非常に人気があり、パチンコ店は年間30兆円の利益を上げています。これは日本の全GDPの4%です。この利益の増加が、政府に継続の許可をさせている理由です。パチンコ店の利益はこれほどまで大きいため、マカオとラスベガスのカジノを合わせた利益を超えています。パチンコの人気を最大限に活用しているのは、400を超えるパチンコ店を持ち、日本最大のゲーム運営会社の1つであるダイナムです。

パチンコの遊び方

パチンコをプレイするのは簡単です。カードを使って現金を鋼製のボールに交換します。このビーズ大の鋼製のボールは、伝統的に1玉4円となっています。

トレイにボールを入れ、横のレバーを回します。これによりボールがパチンコ台に発射され、台の土手や特別な穴に、滝のように流れ落ちて行きます。勝利条件は台の種類によって異なります。特別なミニゲームや大当たりがあるものさえあります。

当たり穴に十分なボールが着地すると、その賞としてさらに多くの鋼製のボールが出てきます。それらを収集するか、使用してプレイを続けることができます。

景品カウンターはパチンコ店によって異なります。そこで、ボールをチケットや景品と交換できます。チケットは、ボールカウンターが存在する店でのみ利用できます。ボールカウンターは、ボールの個数を数え、合計を書いたチケットを印刷してくれます。

チケットを持っているか、景品を残したくない場合は、指定された換金所を見つけましょう。道順を尋ねることはできません。自分で見つけなければなりません。これは、換金所の場所をはっきり伝えることが非常に危険な行為であるからです。好ましくない人に案内すると、ビジネスを危険にさらす可能性があります。換金所では、チケットや景品を現金に交換できます。

パチンコに関するその他の事実

パチンコは中毒性のあるゲームとしてよく知られているため、プレイヤーが4時間以内に410ユーロを超えて勝つことができないよう、規制が設けられました。

現在、2005年よりもパチンコ店の数は減っています。しかし、日本のパチンコは依然として非常に人気があります。パチンコ店の経営も、近代化を始めました。その方法の1つが、鋼製のボールの金額を4円から1円に下げることです。これにより、ギャンブルではなくゲームプレイの特徴が最大限に活用されます。

パチンコレバーを引くとき

 パチンコは日本の文化に深く根付いており、次回の日本旅行で試してみても害はありません。バケツリストの一部にしてもよいです。どのパチンコ台でも、信じられないほど楽しく簡単にプレイできます。電子機器であろうと伝統的な機器であろうと、関係ありません。

パチンコであなたは本物の日本的体験を味わい、それを楽しむことができます。パチンコ店が近代化され、若いプレイヤーを惹きつけているので、オンラインパチンコゲームが登場し始めるのも先のことではないでしょう。


大当たりを追求し、テーマゲームの傑作にここで勝ちましょう!

登録に長い待ち時間は不要です。10秒しかかかりません!

日本のパチンコとは何か?


支払い方法
いますぐフォロー
bitcointalk
ライセンス