ライブカジノアイオーカジノブログ

カジノの戦略法や裏技

クラップスは攻撃的にプレイするのと保守的にプレイするのとどちらが良いのか?

カテゴリー
クラップスは攻撃的にプレイするのと保守的にプレイするのとどちらが良いのか?

クラップスは攻撃的にプレイするのと保守的にプレイするのとどちらが良いのか?

Fri Aug 19 2022 03:20:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

クラップスに関しては、ただ高額でのプレイをするだけでなく、ハイローラーとしての生き方を身につけることが重要です。また、より多く勝ち、より少なく負けるためには、正しい戦略を身につける必要があります。

このブログでは、攻撃的なクラップス戦略と保守的なクラップス戦略のどちらが良いのか、その答えを見つけることができます。もしあなたがVIPゲーム体験を次のレベルに引き上げたいのなら、これらの戦略を活用し始めるべきです!

クラップスとは?

一言で言えば、クラップスはサイコロの目によって結果が決まる有名なテーブルゲームであり、純粋に運に左右されるゲームです。

このゲームでは、誰かがサイコロを「投げる」シューターとなり、他のプレイヤーはその結果にベットを置きます。最初は簡単そうに見えますが、賭けの種類を考えると少し混乱します。そこで、攻撃的なクラップスと保守的なクラップスの戦略が重要になります。

クラップスはどのようにプレイされるのか?

クラップスがプレイヤーに瞬時に愛されたのは、そのわかりやすくもエキサイティングなゲームプレイにあります。クラップステーブルの上でサイコロを振って、その結果を予想するだけです。

クラップスのゲームに参加するには、テーブル上の指定されたベットエリアにチップを置き、予想する結果を表すだけです。

出目の可能性

クラップスの出目には3つの可能性があり、それぞれの出目はベットの勝ち負けを決定する特定の数字のセットを指します。これらの出目の可能性には以下のものがあります。

クラップス

ドントパスベットが勝利となるには、サイコロの合計は2、3、または12のクラップスとなる必要があります。

ポイント

ポイントは、ベットが勝利となるために必要なものです。この結果は、サイコロの合計が4、5、6、8、9、または10に相当することを指します。

ナチュラル

ナチュラルは、パスベットに賭けたプレイヤーにとっては勝利につながる、最高の結果です。この結果は、サイコロの合計が7または11に相当することを指します。

攻撃的 vs 保守的クラップス戦略

クラップスにおける2つのアプローチは全く正反対ですが、どちらもプレイヤーにアドバンテージをもたらすものです。この2つの戦略は、ポーカーにおけるGTOとエクスプロイトアプローチのように、様々な状況で使用することができるものと考えてください。

攻撃的クラップスと保守的クラップスの最大の違いは、前者が様々なハイリスクなベットによって大きな勝利を得ることができるのに対し、後者は資金を守ることに重点を置いている点です。

攻撃的クラップス戦略

攻撃的なアプローチは、高額ペイアウトをもたらすことができるため、ハイローラーや上級者にとって最適なクラップスのプレイ方法です。

また、保守的な方法と比較して、よりエキサイティングなため、プレイヤーはこの方法を選択します。このため、アドレナリンの放出を求めるハイローラーは、クラップスのテーブルでこの戦略を使うことが多いようです。

しかし、より大きな勝利を得ることができる反面、より大きなリスクも伴います。そのため、この方法を用いると、賭け金に割り当てられた予算が大幅に損なわれる可能性があるため、注意が必要です。

保守的クラップス戦略

攻撃的な戦略の対極の位置する保守的なクラップス戦略は、守備のアプローチです。それはあなたの資金を保護し、可能な限り損失を最小限に抑えることを目的としています。これはより大きなペイアウトをもたらすことはありませんが、その分リスクも低くなっています。

今すぐクラップスをプレイ

クラップスにおける攻撃的ベットの種類

1. ハード6/ハード8

比較的低いハウスエッジ(9.09%)を提供する攻撃的ベッティング戦略として、ハード6またはハード8ベットがあります。ハード6では2つのサイコロがそれぞれ3を、ハード8ではそれぞれ4となればよいため、このベットで勝つのは比較的簡単となっています。

覚えやすい戦略であることはもちろん、これらのベットは安全なので、攻撃的ベッティングを始めようとする初心者に最適なスタート地点です。これらのベットのペイアウトはそれぞれ9対1です。

2. 3ポイントモリー

もしあなたがベットに割り当てる金額が大きいのであれば、3ポイントモリーを試してみてください。最大オッズで複数回ベットすることになるので、一見するとプレイヤーはこの戦略を敬遠するかもしれません。しかし、成功すれば何度も賞金を獲得することができるため、その価値は十分にあります。

3ポイントモリーでは、ハウスエッジの低いベットを複数使用します。それぞれのベットで成功した場合、損失を最小限に抑え、ゲーム中に小さな勝利を得ることができます。

クラップスでの3ポイントモリーのプレイ方法は以下の通りです。

  1. パスラインにベットを置き、ポイントが設定されるのを待ちます。
  2. 確定したポイントに最大オッズでベットし、カムベット(ポイントが確定した後に行うベット)を追加します。
  3. カムベットを次のポイントに移動します。
  4. 3つ目の数字にベットを置き、サイコロで7、11またはポイントが出るまでプレイを続けます。

3. スネークアイズ

クラップスのベットについて覚えておくべきことは、ペイアウトが高いときは、ハウスエッジも高騰するということです。これはスネークアイズ戦略でも例外ではなく、クラップスで最も配当の良いベットの一つで、30:1という素晴らしい比率ですが、ハウスエッジは14%と高くなります。リスクは高いですが、ここで勝つと高額報酬を得ることができます。

この戦略で勝つには、両方のサイコロの目が1でなければならず、このことからスネークアイズと呼ばれています。この攻撃的なクラップス戦略は、同じようなベッティングオプションに飽きたら、ゲームプレイに刺激を加える素晴らしい方法です。

4. プロポジションベット

数ある賭け方の中でも、プロポジションベットは30:1という高配当が期待できる賭けです。しかし、このベットは高いリスクとハウスエッジが伴うため、十分に注意しないと簡単に悪い結果になります。

最も有名なプロポジションベットは以下の通りです

  • エニークラップス: サイコロの目が2、3、または12となると、7:1の配当となります。
  • ツークラップスまたはエース: 2つのサイコロがそれぞれエースの2を出すと30:1の配当となります。
  • トゥエルブクラップス: 2つのサイコロがそれぞれ6、合計で12を出すと30:1の配当となります。
  • スリークラップスまたはエースデュース: サイコロの目が3またはエースのデュースを出すと15:1の配当となります。

これらの賭けはリスクが大きいので、負けても対応できる予算がある人にのみお勧めします。

5. ヨーとハイロー

クラップステーブルとその周りのプレイヤーに衝撃を与えるようなプレイをしたいですか?そんなあなたにぴったりなのはヨーとハイローベットです。これらのベットは、ハウスエッジが高いため、一度にかなりの資金を失う覚悟が必要です。ただし、幸いにも、これらのベットを行う勇気と引き換えに、大きな勝利で報われることもあります!

  • ヨーベット

ヨーとは専門用語で数字の11を意味し、この数字がテーブル上のベットを置く場所となります。3にもチップを置くことができますが、11ほど人気ではありません。どちらの結果を選んでも、このベットの配当は15:1です。

  • ハイローベット

ハイローベットはシューターが2か12を当てることに賭けます。配当は15:1です。

今すぐクラップスをプレイ

クラップスにおける保守的ベットの種類

1. パスライン、2カムベットとプレース6/8ベット

守備的なクラップスプレイヤーが知っておくべき高度なクラップス戦略は、パスライン、2カムベット、および6/8ベットです。保守的なベットとされている他のベットと比べると、この戦略は1ラウンドに5つの異なるベットを置く必要があるため、よりリスクが高いことがわかります。

さらに、パスラインの後ろにオッズベットを追加して、ラウンド中のインサイドナンバーを2つカバーする必要があります。

この戦略で、あなたのポケットマネーを守り、長期的に勝利を得ることができます。 

以下、この戦略の方法をステップバイステップで説明します。

  1. パスラインに1単位をベットし、ダブルオッズを置く。
  2. 第2フェーズでカムベットに1単位ベットする。
  3. シューターがサイコロを投げるのを待ちます。出目がポイントナンバーだった場合、2倍のオッズで両方のカムベットをカバーするよう、別のカムベットを置きます。
  4. この時点で、6も8もチップでカバーされていなければ、3ユニットのプレースベットを2つ置くことになります。

この戦略の唯一の欠点は、シューターがサイコロで7を出した場合、テーブルに置いたベットをすべて失う可能性があることです。7の出方は6通りあり、1回の出目で出ることがほとんどであることを考えると、これはリスキーです。

2. ドントパスベットとドントカムベット

保守的なクラップスをプレイする利点は、資金を過度のダメージから守ることができる点ですが、ドントパスベットとドントカムベットの組み合わせほど、これを可能にするものはありません。

これはクラップスで最も実行しやすい戦略の一つで、ゲームの経験がほとんどないプレイヤーに最適です。サイコロの目が2か3であれば勝ち、7か11であれば負け、12であれば引き分けとなります。 

ドントパスベットプラスドントカムベットの正しい実行方法は以下の通りです。

  1. クラップステーブルのドントパスフィールドに1単位ベットを置く。
  2. ロール中に2、3、7、11、12が出なかった場合、第2フェーズ開始時に現在のベットのダブルオッズを取る。
  3. ドントパスの賭け金と同じ価値のドントカムベットを置く。
  4. シューターがサイコロを投げるのを待ちます。7が出れば、あなたのドントパスベットの勝ちです。しかし、他の数字が出れば、負けとなります。
  5. シューターが2点目を出したら、あなたのカムベットは7で勝ちとなります。

クラップス戦略に関するFAQ

最も高いオッズを持つクラップス戦略は

どのクラップスに勝利するための戦略を使用するかを決定する際、最も重要なことはハウスエッジの割合です。この点を考慮すると、「ベスト」オッズを持つ戦略は、ドントパスとドントカムのベットで、ハウスエッジを1.36%まで下げることができます。

ポイント設定時にフリーベットを利用すれば、ハウスエッジをさらに低くすることができます。フリーベットはハウスエッジがなく、真のオッズで支払われる、クラップスではユニークなベットです。シューターが7を出す前にもう一度ポイントと同じ値を出すことに成功すれば、このベットで勝つことができます。

パスベットの回数により、ハウスエッジを0.01%まで下げることができます。

クラップスゲームで勝つことは可能ですか?

はい!可能です。他のカジノゲームと同じように、勝つこともあれば負けることもあります。このゲームの素晴らしいところは、あなたが選んだ高度なクラップス戦略をゲームプレイに取り入れることで、損失を最小限に抑え、勝利のチャンスを最大限に高めることができる点です。

ラウンドの開始時に使用する最適なクラップスベッティング戦略は何ですか?

クラップスでは様々なラウンドの開始方法がありますが、最もお勧めなのは、ハウスエッジを大幅に下げるためにパス/ドントパスベットで各ロールを開始することです。これにより、フリーベットのオプションが可能となり、ハウスエッジをさらに下げるだけでなく、最終的に勝った場合に最大のペイアウトを得ることができます。

また、アイアンクロスベット戦略を試すことも可能で、これは巨額のペイアウトを提供することが証明されていますが、同様に大きなリスクを伴うことを認識する必要があります。

クラップスは運にのみ左右されるのですか?

他のカジノゲームと同様、各ラウンドの結果は運に左右されます。しかし、クラップスの戦略をゲームプレイのルーチンに組み込んで、勝率を上げることができないというわけではありません。

クラップスの勝率は、他のカジノゲームと比較してどうですか?

クラップスはプレイヤーに素晴らしいオッズを提供する最高のゲームの1つです。しかし、これはプレイヤーが賢いベッティングを戦略に組み込むことに成功した場合にのみ当てはまります。賢くプレイすることで、莫大なペイアウトを獲得したり、最低でも収支をプラスにすることができます。一方、適切なベットを行わなければ、あなたの懐にダメージを与えることになります。

Livecasino.ioでクラップスをプレイできますか?

はい、できます。Evolutionが提供する上品なクラップスゲームは、あなたのようなハイローラーに、まるで実店舗のカジノでプレイしているかのような感覚を与える素晴らしいゲームに仕上がっています。このゲームは、同じゲームプレイのループを踏襲し、アクセシビリティ機能によってさらに優れたものとなっています。 

今すぐクラップスをプレイ

攻撃的にプレイすべきか、それとも保守的にプレイすべきか?

結局のところ、攻撃的なベッティング戦略も保守的なベッティング戦略も完璧には程遠いのです。それぞれ長所と短所があり、それらをうまく利用し、どのような場面で最も有利になるかを知るのはあなた次第です。

さらに、状況に応じてこの2つを組み合わせて調整しながらゲームを進めることで、オンラインギャンブルでの戦略的思考を身につけることができます。


今すぐクラップスをプレイ

Livecasino.ioで、あなたの新しい知識を生かして、究極の優位性を手に入れてください。

クラップスは攻撃的にプレイするのと保守的にプレイするのとどちらが良いのか?