ライブカジノアイオーカジノブログ

仮想通貨

仮想通貨と銀行:違いは何か

カテゴリー
仮想通貨と銀行:違いは何か

仮想通貨と銀行:違いは何か

Sun Sep 06 2020 14:28:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

ここ十年間で急成長を遂げた仮想通貨は、専門家や投資家に「未来の通貨」としてブランド化されました。そして、多くの人がデジタル通貨は現在の金融システムに変革をもたらし、人類を次なる通貨の発展へ導く可能性を秘めていると信じています。 

フィンテックのこのイノベーションは、2009年の登場以来、市場と産業全体に影響を与えてきました。仮想通貨の人気の上昇は、よりデジタル化された市場への移行を示していると言えるでしょう。そして、近い将来、仮想通貨が財政取引の基本手段として使用される可能性も十分にあります。その反面、仮想通貨の存在は銀行や他の金融機関を時代遅れなものにさせるでしょう。

仮想通貨の急増により最も混乱した業界は金融業界です。従来の銀行は、インターネットにアクセスするだけで、金融機関の影響を受けずに価値の交換ができることに、デジタル取引の影響を着実に感じ始めています。仮想通貨の支払いを受け入れるオンライン業界が増えるにつれて、これらのインターネットベースの通貨の適切性と有効性が高まっていくでしょう。 

ブロックチェーン技術と仮想通貨はまだ初期段階ですが、世界中の消費者と大手銀行は、仮想通貨に秘められた可能性と現在の産業や経済に与える影響を認識し始めています。 

仮想通貨と伝統的な通貨

仮想通貨が開発された主な理由の1つは、従来のお金やサービスの取引方法を変えて、弱体化させることにあります。そのため、仮想通貨と法定通貨は必然的に反発しあう存在となります。 

法定通貨(ユーロ、ポンド、ドルなど)と仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、TRXなど)はどちらも商品やサービスの購入に使用できる媒体です。通貨として、貯蓄や価値の移転は需要、供給、希少性により制御されます。 

上記の2つの通貨の主な違いは、組織構造にあります。従来の銀行システムで稼働し、国家によって規制されている法定通貨とは異なり、仮想通貨は分散型のデジタル通貨となります。銀行に管理されたり、中央組織からの保護を受けたりすることがありません。そのため、国やほかの金融機関による介入から免れます。

仮想通貨は手元に保管をする代わりに、ブロックチェーン技術を介してクラウドに保管されます。この技術により、いつでもどこでも自分のお金にアクセスをして取引を行うことが可能となります。 

なぜ銀行は重要なのか?


銀行システムが現在のように安定するのには何十年もかかりました。いくつかの欠陥があったにもかかわらず、何十年もかけて変革と機能強化を要したこのシステムは、まだその目的に見合うものになってはいません。一方、仮想通貨は将来の可能性が大きく開けていますが、技術的には、従来の銀行や金融機関が果たすすべての役割を担うシステムをまだ完全に開発できていません。 

金融機関が経済に組み込まれている理由は、以下の機能を果たしているためです。

  • 資産と書類の保存 ー銀行は、重要な資産を確保する手段を提供することで、重要な資産が盗まれるリスクを軽減します。銀行に預けておけば、苦労して稼いだお金が強盗に盗られる心配はないでしょう。
  • 記録と取引の詳細の管理 ー銀行は、セキュリティで保護されたネットワークを介して、すべての借方および信用取引を記録しています。そのため、あなたはすべての収入、貯蓄や支出を追跡することができます。
  • 融資、住宅ローン、信用貸し ーこれは、銀行で最も利用されている機能の一つです。銀行は、緊急時に融資や信用供与を提供することができます。

仮想通貨が銀行と異なる点は何か?


中央集権型システムと比較をしようとすると、仮想通貨は理解が難しい概念かもしれません。結局のところ、人類がこの種のデジタル通貨に遭遇するのは初めてなので、仮想通貨の経済への採用は多くの疑問や疑念を引き起こすでしょう。 

仮想通貨について、まず一番よく聞かれる質問は、「仮想通貨の価値が統治機関によって規制されていないなら、どこからその価値が生まれるのか?」ということです。 

この質問に対する答えは、その通貨を利用するコミュニティにあります。紙幣や現金は、交換の媒体としてそれを使用するコミュニティ、または、国や組織がなければ重要な価値がありません。より広いコミュニティが通貨の価値を裏付け、それをお金として使うことに同意した場合のみに価値を得ます。

1. 分散型と中央集権型 

前述したように、従来の銀行システムと仮想通貨の主な違いは、デジタル分散型通貨であるということです。 

人々が慣れ親しんでいる従来の金融システムの価値を保持するには、すべての資産において「所有者、市場、規制当局」の3つの異なる機関が必要となります。所有者は資産を蓄え、市場は資産の購入に興味があり、購入能力を持っている人を図示します。規制当局は、前者の2つの事業体間の取引を橋渡しする第三者として機能し、取引がルールとコストの範囲内にあることを確認します。

仮想通貨の分散型組織構造では、仲介者が為替を行う必要がなくなりました。それは、独立したピア・ツー・ピアのマネーネットワークによりコードで制御されます。 

ブロックチェーン技術で暗号化されたプログラムは、市場が自主規制されるように既にこの技術を導入しています。このことにより、誰でも差別化されずに仮想通貨サービスの使用ができるように、機会の平等化がもたらされます。 

仮想通貨で行われた取引は、分散型台帳に保存されます。暗号技術は、記録が正確かつ偽りがないことを確認をして暗号化されます。

一方、法定通貨は、銀行や政府などの中央集権化された機関によって管理されています。これらの組織は、あなたのお金を取り巻くすべての活動を規制する権限を持っており、取引を承認または不承認したり、特定の人やグループへの送金を拒否したり、あなたの富を監視下に置いたりすることがあります。

2. 取引手数料と交換効率

銀行取引や送金を行う場合、従来の銀行は通常、取引コストに対して1%から5%以上の手数料を請求します。そのため、巨額の現金を振り込む場合は、わずか5%でもすでに多額となります。ほぼ例外なしに銀行サービスには同等のコストがかかるため、メンテナンス手数料、ATM料金、および送金手数料を合算して銀行手数料が毎年数十万円に達することはめずらしいことではありません。

銀行振込は、居住地域や送金先により数時間から5営業日かかります。また、銀行は中央集権型であるため、あなたのお金が源泉徴収されたり、転送を拒否されたりする可能性は言うまでもありません。 

休日や週末には、ほとんどの銀行は通常利用できず、選択肢と利便性が制限されます。それ以外にも、銀行で長い待ち時間の列に並ぶことや、VIP顧客との不平等化など、不便な点が挙げられます。 

一方、仮想通貨では、金融取引は最小限のコストでほぼ瞬時に実行されます。第三者やその他の手数料を排除することで、仮想通貨仮想通貨での取引コストは安価となり、苦労して稼いだお金の損失を感じることはほとんどないでしょう。仮想通貨を使用すれば、たった500円ー1,000円ほどの手数料で、数十万または数百万円の資金移動が可能となります。

仮想通貨ユーザーは、銀行のプロセスを受けたり、銀行手数料を負担することなく、毎日のように両替を処理できる利便性を持っており、そのピア・ツー・ピアのマネーシステムは、場所や時間に関係なく機能します。また、どのようなユーザーでも差別化されずに、すべてのユーザーが同じように使用できます。

3. 官僚制と官僚主義

従来の銀行は金融サービスも制限します。たとえば、1回の取引で行う引き出しや送金、および入金できる金額には制限があります。その中央集権的な性質のため、銀行は、当局に一定の金額を超える単一の取引を報告するよう法律によって義務付けられています。 

また、巨額のお金を引き出すためのプロセスは長くて面倒です。時には、弁護士が関与することもあり、手数料も更に高額となってしまいます。自分の資産に加えられるこれらの制限は、一部の人々が仮想通貨の採用を全面的に支持する理由となっています。

仮想通貨を使用すれば、あなたのお金はあなた自身でコントロールできます。巨額の現金を引き出すために、銀行のマネージャーと話したり、当局に銀行口座をチェックされることはありません。第三者がいないことにより、法執行機関を巻き込まずに、いつでも必要なだけ現金を引き出したり、入金または送金することができます。

4. 資金の安全性

過去10年間の技術の進歩に伴い、銀行はセキュリティ侵害やコンプライアンスの問題に対して脆弱になってきています。それに加え、法定通貨も毎年価値が下がっているようです。

仮想通貨を使用すれば、国やその他の財政機関があなたのお金の価値を下げることはできません。ウォレットの詳細が安全でしっかりしている限り、アカウントがハッキングされる可能性も低くなります。しかし、常にコンピューターを安全に保ち、詐欺に遭わないように気をつけましょう。フィッシング サイトなどを識別するのに役立つウイルス対策ソフトウェアや拡張機能をインストールして、特別な予防措置を講じることをおすすめします。 

銀行と仮想通貨の将来


仮想通貨は次世代の大ブームになる可能性を秘めており、近い将来、金融の世界や他の多くの産業に変革をもたらすでしょう。多くの専門家は、仮想通貨の発明は産業革命に動力を与えた蒸気機関と同じくらい重要であると考えるべきだと主張しています。 

銀行大手が最新のフィンテック・イノベーションに注目をしているため、仮想通貨はすでに業界の脅威と見なされています。そして、その急速な成長に伴い、銀行やその他の金融機関を追い抜いていくでしょう。 

仮想通貨を使用すれば、財布にお金を入れてわざわざ銀行に行く必要はありません。消費者の嗜好はデジタル市場にシフトしており、ピア・ツー・ピアのネットワークがより一般的になってきています。銀行の要件によって拒否されたり、追い返されたりした人々は、現在、自分自身で処理可能な資金調達のための他の選択肢を手に入れたのです。

インスタント、モバイル、デジタルサービスの需要は増加しており、金融機関はその需要に適応する必要性に迫られています。従来の銀行は現在、デジタルソリューションとリアルタイムサービスを開発し、今日のペースの速い経済と息を合わせています。 

現在、仮想通貨の価格は、見たこともないような高値に達しています。また、仮想通貨をより適応化させることを目的とした新しい技術革新が、世界中で毎日のように生み出されています。今では、ビットコイン用のATMが現れ、仮想通貨ユーザーが通常の通貨を仮想通貨に交換しやすくなっています。 

これまで仮想通貨が活用されていなかった保険、ローン、住宅ローン、信用供与などの銀行商品においても、暗号通貨が導入されはじめました。 

最近、ビットコインは、プログラムの運用において新しいフェイズを導入しました。この機能により、ビットコインの取引は、特定の条件が満たされた後でプログラムまたは契約を実行することができます。これにより、ビットコインは、保険契約、管理システムなど、より多くの財政ソリューションの構築をすることが可能となりました。 

また、さまざまな業界が仮想通貨の分散化プロセスに対応し始めており、事業をより分散化することで、デジタル通貨への扉を開いています。

仮想通貨が競合として存在している限り、従来の銀行のデジタルへの移行は避けられません。産業とは、人々の流れに従わなければならないものです。 

現在、仮想通貨は銀行のすべての機能を補える段階にはまだ達しておらず、仮想通貨がその可能性を最大限に引き出すまでには、さらに時間がかかります。しかし、現在の初期段階において、仮想通貨はすでに多くの業界に影響を与え、デジタルへの移行を促しています。他の企業が追いつくためには、透明性、高速化、低コスト化、利便性を高める必要があります。 

仮想通貨が実経済についにアクセスするとき、その採用は同時により多くの牽引力を得るでしょう。世界は今、人類社会の歴史の中で次なる偉大で劇的な変革の瀬戸際にあるのではないでしょうか。仮想通貨の支配は、誰もが本当にアクセス可能なグローバリゼーションへの扉を開くのです。


ライブカジノアイオーで様々なゲームの世界を探検しましょう! 

アカウント登録は こちらから!20秒で登録できます。

仮想通貨と銀行:違いは何か